社会へ出て仕事をするとき「とにかく人のためになる仕事をしたい」とそんな理想を掲げている若者は意外とたくさんいるのかもしれないです。それは、お金目的のためだけに仕事をするのではなく人から感謝されることを重視している考え方です。そんな考え方に沿った仕事として忘れてはいけないのが、訪問マッサージの仕事です。

exercise-1581583_640

訪問マッサージの仕事は体の不自由な人に向けて行うマッサージですから、人と接することの避けられない仕事です。マッサージをするのとしないのとでは体の健やかさがだいぶ違ってきますので、それをきちんと行うことができれば少なからず感謝されます。しかもその対象はだいたいが高齢者で、動くことに抵抗のある人たちが多いです。そんな高齢者を相手に自分が役立っているということを実感することができれば、それは仕事をする上での大きなやりがいになります。
高齢者の人からすれば自宅に誰か他人が来るというだけでも大きな励みや刺激になりますので、そういうところでももしかしたら感謝されるかもしれません。はじめから感謝されることが目的で訪問マッサージの仕事をするのではないのかもしれませんが、仕事をした結果「ありがとう」という言葉をもらえるのなら、それは他の仕事ではなかなか経験できないことです。訪問の案内はこちらから

訪問マッサージの仕事がどのくらい厳しいのかは実際に行ってみなければわからないですが、これから先長く続けることに価値のある仕事だということは間違いなさそうです。

私が訪問マッサージ師になったら心掛けたいこと

私が訪問マッサージ師で働くとしたら、笑顔があふれるような仕事に徹したいと思っています。しかしながら、いざ実際にそのような場面に直面をした時、常に笑顔でいられ続けることが出来るのかは自信がありません。やはり介護職というのは、生半可な気持ちでは勤め上げることが出来ないと思っているからです。

訪問マッサージ師の方々は、基本的には人の役に立ちたい、人の助けになりたいという崇高な思いを持ってその職業に就くと思います。そして皆さん、大変な思いをしながらも実直に頑張っているのだと思います。
しかし、家族でもそうなのですが、やはり介護というものは冗談抜きで大変なことです。私も笑顔があふれるような仕事をしたいとは思いますが、そこには笑顔だけでは乗り切ることのできない現実が横たわっていることでしょう。

ハートのベリー

だからこそ、私は思うのです。このような辛く大変な現実に直面しているご家族の方々の立場に立って考えていこうと。
介護はされる方もそうですが、やはり面倒を見る方が肉体的にも精神的にも疲労をします。もちろん、介護をされる側も精神的な部分で負い目を感じたりして大変な面があると思います。
こうした部分でのクッション役になり、負担を緩和することが出来るのは赤の他人である訪問マッサージ師なのかなと思っています。

やはり肉親であれば甘えてしまう面はありますからね。介護をする側もされる側も、他人が介在すれば逃げ道や甘えきらない部分を作ることが出来ます。
私が訪問マッサージ師になれば、こうした面を補いつつ介護をする側の負担を減らし、やがては笑顔があふれるような仕事が出来ればいいなと考えていますね。

介護の仕事をしている人たちの生の声!
とても参考になります。決意がより固まりました。